まちがいさがし〜高学歴引きこもりニートの息子を持つ母の日記

下の子が大学を卒業して就職したら、フルタイム勤務で30年勤めてきた会社を退職して好きなことをするのも良いな…と思っていたのにまさか息子が就活もせず家に引きこもることになるなんて…

咲ける場所にうごきなさい

「咲ける場所にうごきなさい」

 

これからの社会は

人間関係を選択できるように変わっていく

そんな中で20歳から60歳まで40年間も会社という伽藍にしがみついていては

時代に取り残されて

使い物にならなくなってしまいます。

 


「置かれた場所で咲きなさい」

 

渡辺和子氏著 のこの本はベストセラーになり

あちこちでこの言葉が引用されたりもしていましたが

 

置かれた場所で咲きなさい

ではなく

 

咲ける場所にうごきなさい

 

がこれからの若者の指針になっていきます。

 

作家の橘玲氏か最近、このように言われています。

 

もう、今までの価値観では生きていけない…

ということは

バブル崩壊

東日本大震災

そして現在進行形のコロナ禍

 

で嫌と言うほど突きつけられてはいます…

とは言うものの 

 

実際に

息子が家で職探しもせずこもっているのは

やはり不安でしかありません。

 

咲ける場所にうごきなさい

 

そう、やはり動かないことには

始まらないのです。

そこにずっと留まっていては

やがて濁り腐っていく…

そんなふうにしか思えません。

1分以内に完了!無料会員登録はこちら

 


引きこもり日記ランキング
日記・雑談(50歳代)ランキング

f:id:manekintuku:20210519072204j:image

 

 

#引きこもり

#ニート

#8050問題